封筒の書き方

 

ここでは履歴書や応募書類を送る際に使用する封筒の書き方について解説します。

宛名書きは自分の第一印象を左右する重要なところです。

上下左右1センチほどの余裕を持って、文字のバランスや大きさを考えて書きましょう。

相手の会社名や部署名を略すと失礼にあたりますので気をつけましょう。

※封筒の色、サイズ

・封筒の色は白!茶色はNGです。

・封筒のサイズは書類を折らずに入れられる角2号か角形A4が適しています。

表面の書き方

①切手

・封筒のサイズや重さによって必要な料金が異なるため気をつけましょう。

切手料金が不足していると、返送され配達が遅れ応募に間に合わないなんて可能性が出てきます。

心配な方は必ず郵便局で料金を計算してもらい発送することをおすすめします。

②住所

・郵便番号枠の右端に揃え、上から1文字下げます。

・都道府県から書き、ビル名も略さずに書きます。

※漢数字でもローマ数字でも特に問題はありません。

③宛名

・会社名は(株)などと略してはいけません。「株式会社」と書きましょう。

企業、部署宛に送る場合は御中」、個人宛に送る場合は「様」の使い分けに注意しましょう。

個人名が不明な場合は「○○ご担当者様」と書いても大丈夫です。

・役職名は4文字までは名前の上、5文字以上は名前の右に小さめの文字で書きましょう。

裏面の書き方

④のりづけ

・中身を確認し、封筒を閉じましょう。水のりは封筒がふやけてしまうことがあるので、

スティックのりもしくは両面テープ(テープのり)で閉じるのがおすすめです。

⑤封締め

・封締めには「〆」「封」「緘」がありますが、「〆」が使われることが多いです。

「〆」は「×」ではありませんので書き方に注意してください。

⑥差出人名

・封筒の裏面の中心よりも左側に、自分の住所と氏名を書きます。

・通常都道府県から書きますが、「福岡県福岡市」など続く場合は略しても大丈夫です。

・住所は郵便番号から1文字空けて書くようにしましょう。

etc.

送り状も忘れずに入れ期日より早めに郵送するように準備しましょう。